さ行

【2023年最新】秀光ビルドの坪単価

【2023年最新】秀光ビルドの坪単価

 

秀光ビルドの坪単価は、2023年8月時点で30万円~55万円です。これは、大手ハウスメーカーの平均坪単価が70万円~80万円であるのに対し、かなり低価格となっています。

 

秀光ビルドの特徴は、以下のとおりです。

秀光ビルドの特徴

  • ローコスト住宅であること
  • 規格住宅と自由設計住宅の両方を取り扱っていること
  • 標準仕様が充実していること

 

ローコスト住宅であるため、住宅本体の価格を抑えることができます。また、規格住宅と自由設計住宅の両方を取り扱っているため、予算や好みに合わせて住宅を選ぶことができます。秀光ビルドは、ローコスト住宅を検討している人におすすめのハウスメーカーです。

 

【徹底比較】ローコストハウスメーカーおすすめ10選の坪単価
【徹底比較】ローコストハウスメーカーおすすめ10選の坪単価

  「ローコストで家を建てたいのだけどおすすめのハウスメーカーはどこかな?」 「ローコストハウスメーカーが多すぎてどこがいいか悩んじゃうよ」   上記のようにローコストハウスメーカ ...

続きを見る

 



秀光ビルドの3つのこだわり

 

秀光ビルドの3つのこだわり

 

  1. コミコミ価格
  2. 安心へのこだわり
  3. 性能へのこだわり

 

秀光ビルドでは、家を建てるために必要な費用やサービスがすべて含まれており、建物本体の工事費だけでなく、申請費、地盤調査、設備機器、保証、アフターサービスなどが含まれます。

 



コミコミ価格

 

コミコミ価格

 

予算管理がしやすい

 

秀光ビルドは、家を建てるために必要な費用やサービスがすべて含まれた価格です。そのため、予算管理がしやすくなります。家づくりでは、建物本体以外にもさまざまな費用が発生します。例えば、土地購入費用、諸経費(登記費用や仲介手数料など)、外構工事費用(門扉や塀など)、インテリア費用(カーテンや照明など)、引越し費用などです。これらの費用は見積もりに含まれていない場合が多く、予想以上に高額になることもあります。

 

しかし、秀光ビルドでは、これらの費用をあらかじめ考慮しておくことができるので、予算オーバーを防ぐことができます

 

追加費用が発生しない

 

建物本体の工事費だけでなく、申請費、地盤調査、設備機器、保証、アフターサービスなどが含まれるため、追加費用が発生しません。家づくりでは、工事中や引き渡し後にさまざまなトラブルが起こる可能性があります。例えば、地盤改良や基礎補強の必要性、設備機器の故障や交換、工事不良や欠陥などです。

 

これらのトラブルは追加費用として請求されることが多く、予想外の出費となることもあります。
しかし、秀光ビルドでは、これらのトラブルに対応する費用やサービスがあらかじめ含まれています。そのため、追加費用に悩まされることがありません。

 

見積もりが分かりやすい

 

秀光ビルドは、家を建てるために必要な費用やサービスがすべて含まれた価格なので、見積もりが分かりやすくなります。家づくりでは、見積もりを比較することが重要です。

 

しかし、見積もりにはさまざまな項目があり、内容や単位が異なる場合があります。例えば、建物本体の工事費は坪単価で表示されることが多いですが、坪単価にはどのような費用やサービスが含まれているのかは明確ではありません。また、申請費や地盤調査などの諸経費は別途で表示されることが多く、見積もりの合計金額とは異なる場合があります。設備機器や保証などのオプションは選択肢やグレードによって価格が変わる場合があります。

 

これらの見積もりは比較しにくく、実際に支払う金額とは異なる場合があります。しかし、秀光ビルドでは、これらの費用やサービスがすべて含まれた価格で表示されます。そのため、見積もりが分かりやすく、他社との比較もしやすくなります。

 

安心へのこだわり

 

安心へのこだわり

 

品質が保証される

 

秀光ビルドは、高品質を標準としており、多彩なバリエーションの中からお好みのスタイルに合わせて設備仕様が選べるため、品質が保証されます。例えば、構造体や断熱材などの部材は目に見えない部分に使われることが多く、性能や耐久性は分かりにくい場合があります。また、設備機器や内装材などの仕様はグレードやメーカーによって品質が異なる場合があります。

 

しかし、秀光ビルドでは、高品質を標準としており、部材や仕様の選択肢も豊富です。

 

12回の検査回数を行う

 

住宅建築において、自社検査と第三者検査を合わせて12回行っています。これは、一般的な住宅建築の検査回数の約2倍です。自社検査では、設計図と現場の状況を照らし合わせて、設計通りに施工されているかを確認します。第三者検査では、建築基準法や耐震基準などに適合しているかを専門家がチェックします。

 

また、インターネットで検査結果を確認できるサービスも提供しているので、パソコンやスマートフォンから、いつでもどこでも検査状況や写真を見ることができます。

 

アフターサービスが充実している

 

秀光ビルドのアフターサービスは24時間365日対応しており、水漏れや断水などのトラブルに迅速に駆けつけます。定期点検サービスでは、1年目、2年目、5年目、10年目に住宅の状況をチェックし、必要な補修やメンテナンスを行います。

 

保証制度が充実

 

住宅の品質と安心を保障する保証制度も充実しており、住宅完成保証では、引き渡し後1年間はすべての不具合を無償で修理します。地盤保証では、地盤沈下や傾斜などが発生した場合には無償で補修します。住宅瑕疵担保履行法に基づく保険契約では、お引き渡し後10年間は重大な瑕疵が発生した場合には保険金が支払われます。

 

しろあり保証では、しろあり被害が発生した場合には無償で駆除します。

 

性能へのこだわり

 

性能へのこだわり

 

耐震等級3の住宅

 

地震による全壊・大規模半壊の損害に対応するために、業界初の2種類の保証制度を導入しています。耐震等級3の住宅を標準で提供しています。これは、建築基準法で定められた最高レベルの耐震性能です。

 

また、断熱材として空気でできた発泡ウレタンを使用し、隙間なく充填することで、断熱性能や音響性能を高めます。窓のフレームにアルミと樹脂を融合させたハイブリッド窓を採用し、断熱性能や採光性を向上させます。

 

電気料金見える化システム

 

赤外線リモコンで操作する家電を高機能なIoT家電に変えるスマートリモコンを導入し、外出先からの家電操作や家族の見守りが可能になります。また、電気料金をほぼリアルタイムでアプリに表示する電気料金見える化システムを利用しています。料金の内訳や節約方法が分かりやすく、家計の管理が楽になります。

 

商品ラインナップ

 

SLシリーズ

 

SLシリーズの坪単価は約30万〜45万円です。

 

SLシリーズは豊富なプランからこだわりの住まいを実現し、バリアフリーや断熱性能が優れています。夏は涼しく冬はあたたかい高性能なハイブリッド窓や、家事が楽しくなるような機能的で洗練されたデザイン、多彩なバリエーションの中からお好みのスタイルに合わせて設備仕様が選べるなどの特徴があります。

 

UL-Jシリーズ

 

UL-Jの坪単価は、約38万円〜55万円です。

 

UL-Jシリーズは自由設計であり、親水コーティングできれいが続く汚れにくい外壁、優れた断熱性能、自由な設計が可能であることが特徴です。ハイブリッド工法が採用され、強い耐震性を維持できる工法であることが特徴です。

 

さらに、UL-Jシリーズには、一般複層ガラスの約2倍の断熱性を持つ高性能なハイブリッド窓が標準装備されており、LED照明、カラーモニターインターホン、断熱玄関ドア、床下収納、大型玄関収納、洋和室、LDK・全居室 TV・ACコンセント、窯業系サイディング、1階雨戸シャッター、火災警報器、ベタ基礎、基礎パッキン工法、ヒノキ土台、床面を強化する剛床工法などが標準装備されています。

 

SLシリーズとUL-Jシリーズの違い

 

SLシリーズは規格住宅で、豊富なプランからこだわりの住まいを実現し、バリアフリーや断熱性能が優れています。一方、UL-Jシリーズは自由設計であり、親水コーティングできれいが続く汚れにくい外壁、優れた断熱性能、自由な設計が可能であることが特徴です。

 

まとめ

 

秀光ビルドは、高品質な住宅をリーズナブルな価格で提供することを目指しています。また、特徴的なのは、自由設計であることです。要望に合わせて、間取りやデザインをカスタマイズできます。

 

さらに、耐震性や断熱性にも優れており、快適で安心な暮らしを実現できます。

【1分で読める】理想の家を、希望の価格で手に入れる方法

【1分で読める】理想の家を、希望の価格で手に入れる方法
家づくりで後悔や失敗することは、あなたの今後の生活に大きく影響することを意味します。可能であれば失敗や後悔なく家づくりを進めたい!と思う方がほとんどでしょう。

 

家づくりのコツは「あなたに最適なハウスメーカーを選ぶこと」です。

 

実は最適なハウスメーカーを選ぶことは簡単なようで、難しいです。理由はハウスメーカーによって強み弱みが異なるからです。木造住宅を建てたいのに、鉄骨住宅に強いメーカーに依頼してしまってはその時点であなたの家づくりは失敗です。仮に、鉄骨住宅に強いメーカーに木造住宅を依頼しても、受けてもらえる可能性はありますが、満足いく家づくりができる可能性は低いです。

 

最適なハウスメーカーを選ぶ方法はただ1つ。ハウスメーカーマッチングサイトを利用することです。

  1. 条件を入力(建築予定地、間取り、こだわりポイント)
  2. 条件にマッチしたハウスメーカーが出力される
  3. その中で気になるメーカーがあればお問合せ

 

上記3ステップで完結します。3〜5社はお問合せして資料を請求したり、間取りプランをもらったり、比較材料を並べて自宅でゆっくりハウスメーカーを検討することで、あなたにより良いハウスメーカーが見るかるのです。

 

ココに注意

例えば3〜5社住宅展示場を回ると平気で半日以上潰れます。ハウスメーカーマッチングサイトを利用すれば自宅で10分以内で、理想のハウスメーカーと出会えます。

 

おすすめのハウスメーカー一括請求サイト

【一部 プロモーション】

 

-さ行