ローコスト住宅対応のハウスメーカーの特徴などをご紹介

ローコスト住宅ハウスメーカーの坪単価

レオハウス 保証・アフターサービス

レオハウスの保証内容とアフターサービスは?保証期間や評判をまとめてみた

投稿日:

 

超ローコスト住宅を提供するレオハウスですが、保証やアフターサービスはどうなのでしょう?ということで調べてみました。

 

ローコスト住宅会社の保証なんてたかがしれてるでしょ!
二世帯つくし君
ローコス犬
ローコスト住宅会社でも保証がしっかりしている会社も多いから、しっかり調べようね!

 

本日はレオハウスの保証とアフターメンテナンスについて説明します。

 

レオハウスの特徴

 

レオハウスCocoの特徴

参照元:レオハウス公式ホームページ

 

レオハウスは平成18年設立、本社は東京都新宿区にあります。平成18年設立ということで、他のメーカーと比較すると歴史は浅いのですが、この10年で戸建販売累計数「23,000棟以上」(平成29年12月現在)という実績を作り上げており、急成長中の企業であると言えるでしょう。

 

また、全国各地に販売支店を展開し、その数は100店舗以上(平成28年3月末現在)にもなっています。

 

レオハウスの大きな特徴として、『建物価格に対する納得感が高いハウスメーカーである』ということが挙げられます。

 

ココがポイント

オリコン顧客満足度ランキングにおいて、ハウスメーカー47社の中で、評価項目「金額の納得感」第1位を2016.2017.2018年と3年連続獲得しています(2019年は第4位でした)。

 

レオハウスの特徴と各商品の坪単価を総まとめ
レオハウスの特徴と各商品の坪単価を総まとめ

  レオハウスは木造住宅を販売するローコストハウスメーカーです。安さを売りにした販売戦略で、大きな話題となり順調に販売数を伸ばしています。東証一部上場ナックのグループ会社で、もともとはあのタ ...

続きを見る

 

間取り作成依頼

レオハウスの保証期間は?

 

レオハウスの保証について、ホームページにでは以下のように記載されています。

 

「長期サポートは大きな安心のひとつ。定期点検と有料メンテナンスの実施を条件に、最大60年保証を行っています。」

 

ここのみをさらりと読むと、『レオハウスってローコスト住宅なのに、60年も保証してもらえるなんてすごい!』と思いませんか?大手でも60年の保証は少ないのに、ローコストで60年保証なら最強だと単純に思いますよね。

 

ローコス犬
問題はこのあとです。

 

紹介文はこのように続きます「この60年保証は、10年目の定期点検時(無償)に有料メンテナンスを条件として、通常の10年保証をさらに10年延長するもので、オーナー様からも好評をいただいています。」お分かりいただけましたでしょうか?問題は「この60年保証は、10年目の定期点検時(無償)に有料メンテナンスを条件として」ここの部分です。

 

つまり、レオハウスで家を建てた場合、全員に無料で保証してもらえる期間は10年のみその後は「10年ごとに有料メンテナンス工事を行えば、都度10年ずつ、最大60年まで延長が出来るよ」という内容なのです。60年保証の為には、10年目、20年目、30年目、40年目、50年目の合計5回のメンテナンス工事が必要になります。

 

『引渡し後10年ごとに「その会社が定める有料点検および有料メンテナンス工事を実施すること」で、最長30年まで保証期間を延長可能』というハウスメーカーが多い中、保証延長の期間が60年まで、というのは長いと思います。その点は充実しています。

 

ココに注意

しかしながらレオハウスがローコスト住宅の部類であるということも踏まえると、10年ごとに必要となる有料メンテナンスが物凄く高くつくということも考えられます。

 

いくらその有料メンテナンスが高いからといっても、会社が指定するメンテナンスを受けなければ、保証は延長されません。ローコスト住宅で家を建てようと考える人が、高額なメンテナンス費用を5回も用意しようと思うでしょうか?結果、5回全てのメンテナンスを受け、60年の保証を最後まで受ける人は少ないのではないか?と推測されます。

 

60年保証と謳われていても、その内容と実際にかかってくる費用を考えると、物凄く充実しているとは言えないのかもしれません。

 

レオハウスの保証内容まとめ

 

  1. 基礎・柱などの構造耐力上主要な部分に対しては、引き渡しから10年間の初期保証が受けられます。
  2. 外壁・床・屋根などは引き渡しから10年間の初期保証が受けられます。
  3. 雨水の侵入を防止する部分については引き渡しから10年間の初期保証が受けられます。
  4. 防蟻処理・住宅設備機器は引き渡しから10年間の初期保証が受けられます。
  5. 10年保証満了時に、点検結果に基づきレオハウス指定の有償メンテナンスを行った場合、さらに10年保証が延長可能です。10年ごとに有償メンテナンスをすることで引き渡し60年目まで延長することができます。

 

レオハウス、アフターサービスの頻度

 

レオハウスのアフターサービスは引き渡し後10年間無料です。その頻度・回数は、引き渡し後3か月、2年、5年、10年の合計4回です。

 

ホームページの図には「定期点検3か月、24か月、5年、10年、20年、30年、40年、50年」とあるので、十分やってもらえると思ってしまいがちですが、10年以降はあくまでも「メンテナンス工事を受けて、10年ごとに保証を更新した場合」になります。

 

よって単純に、保証の期間を延長すればするほど定期点検の回数は増えます。60年まで保証を延長するならば、定期点検は8回となります。

 

しかし60年目まで保証を延長する人がはたしてどれほどいるのか?ということを踏まえると、「定期点検は無料期間の4回のみ」と考えておいた方が良さそうです。

 

有償メンテナンスは受けなくてもよいのですが、その時にお金を払わないとその後の保証は受けることが出来なくなってしまいます。月日が経つごとに住宅の不具合が増えていきますので、有償メンテナンスをしない選択をする場合は、自分でしっかり補修計画を立てておく必要があるでしょう。

 

まとめ

 

今回はレオハウスのアフターサービスを中心に書いてきました。レオハウスの無料で受けられるアフターサービス自体は、ごく基本的な内容です。しかし、基本的な内容は保証してもらえますし、費用面でのハードルは高くなりそうですが、延長期間は60年まであるというのは安心と言えるでしょう。

 

レオハウスのウリであるデザインや、低予算で家を建築したい人は、メンテナンス費用の総額も考慮しつつ、検討してみて下さい。

 

ローコストに見えないローコスト住宅を建てる方法

 

二世帯つくし君
ローコスト住宅って費用がかからない分、ちゃっちー家になりそうだよね...
ローコスト住宅でも満足いく家を建てている人は結構多いよ!そのために今から紹介するサービスで業者をしっかり比較しようね!
ローコス犬

 

  • 安くていい家を建てたい!!
  • 費用は抑えたいけどある程度間取りを凝りたい!!
  • 設備もある程度豪華にしたい!!
  • 耐震性に優れた家が欲しい!!

 

お金を払えば全て要望通りの住宅を手に入れることができますが、予算の関係でそれが難しい方も多いと思います。今回ご紹介するのは、ローコストだけどいい住宅を手に入れる方法です!

 

ローコス犬
ズバリ!タウンライフ家づくりを利用しよう!

タウンライフ家づくりにお任せ

ローコスト住宅だけど素敵な家を手に入れる方法で詳しく解説していますが、タウンライフ家づくりを利用すると...

 

無料でもらえる

  • ローコスト住宅の見積もり書
  • 間取りプラン
  • 土地情報

 

これらの、プランが無料でもらえます。注文住宅に特化した資料請求サイトは他にも存在しますが、カタログやパンフレットだけしか送られてきません。タウンライフは、見積もり、間取りプラン、土地情報とかなり充実した内容になっています。

 

↓↓タウンライフ家づくりにアクセスして、あなたの要望や条件を入力して送信するだけでOKです。オンライン上で簡単に見積もり、間取り、土地情報の請求依頼ができます。

≫タウンライフ家づくり

 

注意ポイント

条件、要望はできる限り詳細に入力しましょう!面倒ですが正確に入力すれば精度の高い見積もり、間取りプランが手に入ります。あ、電話が苦手な方は、その旨を備考に書くといいですよ!僕は電話NGでお願いしたので電話営業はありませんでした。

 

 

ローコスト住宅だけど素敵な家を手に入れる方法

-レオハウス, 保証・アフターサービス

Copyright© ローコスト住宅ハウスメーカーの坪単価 , 2019 All Rights Reserved.