ローコスト住宅対応のハウスメーカーの特徴などをご紹介

ローコスト住宅ハウスメーカーの坪単価

アイダ設計のZEH住宅ブラーボゼネクトの特徴は?坪単価や性能を紹介

ZEH住宅 アイダ設計

アイダ設計のZEH住宅ブラーボゼネクトの特徴は?坪単価や性能を紹介

更新日:

 

ZEH住宅環境に配慮した上で経済的な住宅として話題です。CMなどで取り上げられることも増えたので一度は聞いたことがあるという方も多いと思います。今回紹介するアイダ設計は、2020年にZEH住宅の50%普及を目指して取り組んでいくとして力を入れています。

 

この記事では「アイダ設計のZEH住宅ブラーボゼネクト」の特徴や、価格帯について紹介していきます。

 

  • ZEH住宅を建てたい方
  • アイダ設計のZEH住宅が気になる方
  • 価格帯や間取りを知りたい方

 

少しでも興味のある方は、参考にしてくださいね!

 

ブラーボゼネクトの特徴

 

ブラーボゼネクトの特徴

参照元:アイダ設計公式ページ

 

アイダ設計のタイプの中でも、省エネルギー住宅に特化したモデルが「ブラーボゼネクト」です。ブラーボゼネクトは、省エネルギー性に優れた住宅を表彰する制度「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」2018において優秀賞を受賞したほどの実力を持っています。

 

ローコス犬
これがどのくらいの実力なのかというと、未来の省エネルギー基準ともいわれるZEH住宅の基準を満たしているんです。

 

さらに詳しく

最近よく目にする「ZEH住宅」とは
ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。
引用:経済産業省 資源エネルギー庁 省エネポータルサイトより

 

現時点の省エネルギー基準を上回る、ZEH住宅を手に入れれば、数年~経ったとしても、時代遅れの家にならない性能を持ち合わせています。「ブラーボゼネクト=ZEH住宅」を手に入れると、室内の急激な温度変化による、ヒートショック現象を抑えることができます。

 

さらに詳しく

ヒートショックとは
急激な温度変化で、血圧の変化が起き心臓に負担がかかることから、心筋梗塞や脳卒中につながる症状。

 

余り知られていませんが、ヒートショックを起こし自宅で亡くなる人は、年間交通事故死亡者数の4倍もあります。外にいて、自動車事故で亡くなるよりも、安全だとしか思えない家の中で、亡くなってしまう人が多いのには驚きを隠せません。

 

このヒートショックが起きやすい家は、住宅性能が密接に絡んでいます。そしてこれを回避する策の一つに、ZEH住宅があります。

 

ブラーボゼネクトは温度差が無い住宅

 

ブラーボゼネクトは、ZEH住宅仕様となっているので、高断熱化された住宅になります。高断熱化された住宅は、家の中のどこにいても、温度変化が少なく、ヒートショックにあいにくい身体に優しい家づくりなんです。

 

そして、経済的な面でもお財布に優しい住宅になります。

 

光熱費がかかりにくい省エネ設計

 

高気密・高断熱化された住宅は、それだけでも、光熱費がかかりにくい省エネ設計

 

さらに、太陽光発電システムで、自宅で消費する分以上の電気を作ることができるため、「エネルギー自給自足の生活」が手に入ります。つまり、省エネで光熱費がかかりにくく、かかった光熱費は太陽光発電システムで供給することになるので、プラスマイナス0のZEH住宅が出来上がります。

 

太陽光搭載のポイント

太陽光パネルをより多く搭載することができれば、売電することで収入を得ることができます。

 

ブラーボゼネクト3つの特徴

  1. 住む人が一生安心安全に暮らせる住宅
  2. 高気密・高断熱仕様の省エネできる住宅
  3. 太陽光発電で自前で電気を創エネする住宅

「ブラーボシリーズ」ラインナップ

  • ブラーボスタンダード
  • ブラーボコンフォート
  • アイベスト
  • ブラーボゼネクト←今回の記事はこれ!

 

間取り作成依頼

ブラーボゼネクトの標準仕様について

 

ZEH住宅仕様のブラーボゼネクト、自由設計は当たりまえですが、高気密・高断熱が標準仕様になっています。

 

その高気密・高断熱の大きなポイントとなるのは「断熱材」です。ブラーボゼネクトの断熱性能を決定付ける断熱材は、「ウレタンフォーム」を利用しています。しかし、現場発泡タイプではない、工場で徹底管理のもとに製造された硬質ウレタンパネルを使用しています。

 

ココがポイント

発泡断熱との違いは、現場の職人の腕(技術)に左右されない、ムラのない断熱性能を確保することができる点です。これにより、さらに品質を均一化して商品を提供することができます。

 

ブラーボゼネクトで採用される「断熱材一体型高性能オリジナルパネル」は壁内結露が起きにくい造りになっています。その性能を裏付けるものとして、断熱材内部の結露による劣化を35年間保証する内容が付いてきます。

 

法律で守られる「瑕疵担保」でも保証期間は10年とされていますが、それを上回る「35年保証」は自信の表れなのでしょう。ちなみにこの「断熱材一体型高性能オリジナルパネル」は、住宅設備大手のLIXIL社製品となり、株式会社LIXILが保証を請け負います。

 

ブラーボゼネクトの価格帯(坪単価)について

 

ハウスメーカーがZEH住宅を作ると、平均して約300万円のイニシャルコスト増(初期費用)になると言われています。しかし、アイダ設計が提案するZEH住宅「ブラーボゼネクト」は、もともとローコストに住宅を作ることのノウハウを持っているため、低価格で提供することができています。

 

ずばり、ブラーボゼネクトの坪単価は、40~55万円/坪です。そこから考えると、坪数にもよりますが、ZEH住宅を1,000万円台から2,000万円台前半で実現可能なのは他ハウスメーカーにない魅力の一つでしょう。

 

メモ

ZEH住宅普及に従い、太陽光発電も実用化されてきていますが、近年売電価格が下がってきていることから、初期投資分の回収に時間がかかるのではと思う方もいるでしょう。でも、この考え方は売電価格(売る電気)が高い時代(数年前)に儲けを意識した、事業者発想の考え方です。

 

今は、電気代の単価の上昇が続いているので、売電益を得るより「自宅で消費したほうがお得」になる時代になりました。つまり、太陽光パネルの価格が下がっている今だからこそ搭載して、電気は電力会社から買わずに、自前の太陽光発電パネルで電気を作り自宅で消費したほうが圧倒的にお得になるのです。

 

また、HEMSという、家でどのくらいの電気を使用しているのかをリアルタイムで見ることができる装置がついてくるので、使いすぎているかどうかを目でみて確かめることで、家族みんなが節電意識を持つようになるのは、とても効果的です。

 

ZEH住宅を建築した人の多くは、初期費用が少し高かったけど、住んでいる間に元が取れると実感しています。元が取れるだけではなく、快適に過ごせる付加価値もついてくるので、予算にムリのない範囲で検討するのが良いでしょう。

 

ブラーボゼネクトの断熱性について

 

ブラーボゼネクトの断熱性について

参照元:アイダ設計公式ページ

 

ブラーボゼネクトの断熱性は、最新省エネルギー基準の北海道レベルと同等です。そのUA値は0.46以下を指標としています。

 

さらに詳しく

UA値とは
外皮平均熱貫流率のことで、値が小さいほど熱の逃げにくい家となります。間取りや、窓の大きさなどに左右されます。

 

ブラーボゼネクトの断熱性能を担保する素材は…

 

  • 硬質ウレタンフォーム断熱材
  • アルミ樹脂複合サッシ
  • 全熱交換換気システム

 

外壁一体型高性能オリジナルパネル:LIXIL(リクシル)のスーパーウォールを採用。アルミ樹脂複合サッシ:LIXIL(リクシル)のサーモスⅡ―Hを採用。

 

全熱交換換気システムを採用して、熱のロスを最小限に抑え、光熱費を抑えます

 

ブラーボゼネクトの間取りについて

 

ブラーボゼネクトは、家の中の温度を一定に保つことができる性能を持ち合わせています。この性能を生かした設計をすることで、今までの間取りの概念を覆すことができるでしょう。

 

ココに注意

例えば、断熱性が低い住宅で、リビング階段がある間取りを採用すると、2階から降りてくる冷気がリビングに集中してしまうため、快適なくつろぎ空間を実現することができません。その回避策として、リビング階段という開放感を無駄にする「冷気が降りてこない湯ように扉を設けましょう」なんて、元も子もない提案がなされてしまいます。

 

この現象は、吹き抜けにも同じことが言えます。天井が高いことで、開放感は得られますが、暖房をしても、暖かい空気は上部にあつまり、人が生活する空間は冷えたままという、冷暖房費がかかりすぎる家になってしまうからです。

 

その点、断熱性が高い「ブラーボゼネクト」は、部屋と部屋の温度差が少ないことはもちろん、室内の足元と頭上の温度差も少なくすることが可能になります。

 

ローコス犬
つまり、温度のバリアフリーがなされることで、本当の意味の「自由設計」が実現できるんです。

 

ブラーボゼネクトの評判について

 

ブラーボゼネクトを採用される方は、その快適性と省エネ性に大変満足している様子です。

 

静岡県 40代女性

我が家では、室内でペットを飼っているので、仕事で日中いないときに家が暑くなったり、寒くなったりするととても心配になっていました。暑い時期は窓を少し開けて行くようにしていますが、防犯面での心配はなくなりません。

でも、ブラーボゼネクトに住んでからは、1年中快適空間をつくれ、冷暖房費もかかりにくいので、ペットも私も大変助かっています。

福島県 30代女性

友人が新築した家に遊びに行ってから、リビング階段に憧れていました。でも、冬は寒いし、夏は暑くて、冷暖房費がかかりすぎるから、ドアを追加設置したと聞いてどうしようが迷っていました。そんな時にZEH住宅のブラーボゼネクトという商品があると聞いて、実際に展示場で体感させてもらいました。寒さや暑さなどは感じないことから、憧れのリビング階段を実現するにはこれだ!と決定する運びになりました。

 

ブラーボゼネクトは、未来の省エネ基準を見据えた、快適でお財布にも優しい住宅です。あなたのこだわりを実現できる住宅にもなるのではないでしょうか。

 

ローコストに見えないローコスト住宅を建てる方法

 

二世帯つくし君
ローコスト住宅って費用がかからない分、ちゃっちー家になりそうだよね...
ローコスト住宅でも満足いく家を建てている人は結構多いよ!そのために今から紹介するサービスで業者をしっかり比較しようね!
ローコス犬

 

  • 安くていい家を建てたい!!
  • 費用は抑えたいけどある程度間取りを凝りたい!!
  • 設備もある程度豪華にしたい!!
  • 耐震性に優れた家が欲しい!!

 

お金を払えば全て要望通りの住宅を手に入れることができますが、予算の関係でそれが難しい方も多いと思います。今回ご紹介するのは、ローコストだけどいい住宅を手に入れる方法です!

 

ローコス犬
ズバリ!タウンライフ家づくりを利用しよう!

タウンライフ家づくりにお任せ

ローコスト住宅だけど素敵な家を手に入れる方法で詳しく解説していますが、タウンライフ家づくりを利用すると...

 

無料でもらえる

  • ローコスト住宅の見積もり書
  • 間取りプラン
  • 土地情報

 

これらの、プランが無料でもらえます。注文住宅に特化した資料請求サイトは他にも存在しますが、カタログやパンフレットだけしか送られてきません。タウンライフは、見積もり、間取りプラン、土地情報とかなり充実した内容になっています。

 

↓↓タウンライフ家づくりにアクセスして、あなたの要望や条件を入力して送信するだけでOKです。オンライン上で簡単に見積もり、間取り、土地情報の請求依頼ができます。

≫タウンライフ家づくり

 

注意ポイント

条件、要望はできる限り詳細に入力しましょう!面倒ですが正確に入力すれば精度の高い見積もり、間取りプランが手に入ります。あ、電話が苦手な方は、その旨を備考に書くといいですよ!僕は電話NGでお願いしたので電話営業はありませんでした。

 

 

ローコスト住宅だけど素敵な家を手に入れる方法

-ZEH住宅, アイダ設計

Copyright© ローコスト住宅ハウスメーカーの坪単価 , 2019 All Rights Reserved.