ローコスト住宅対応のハウスメーカーの特徴などをご紹介

ローコスト住宅ハウスメーカーの坪単価

エースホームのandy(アンディ)の特徴は?価格や耐震性、デザインなど

エースホーム ハウスメーカー

エースホームのandy(アンディ)の特徴は?価格や耐震性、デザインなど

投稿日:

 

エースホームのandyのコンセプトは、住宅の性能を規定する新コンセプト「Mi'Like(ミライク)」の元に作られた、住まい作りの指針となる「頑丈(耐震性)」「暖かい(断熱性)」「省エネ(経済性・環境性)」「美しい(デザイン)」「長持ち(耐久性)」を搭載した超抑震・高断熱デザイン住宅です。

 

ローコス犬
「Mi'Like(ミライク)」とは、「未来」と「like」「育」「行く」を掛け合わせた造語で、自分らしく、健康・安全に子供を育て、未来に向かって長く住めることを意味しています。

 

この記事では「エースホームのandy」の特徴や、価格帯について紹介していきます。

 

  • エースホームのandyの特徴を知りたい方
  • エースホームに興味を持っている方
  • 価格帯や間取りを知りたい方

 

少しでも興味のある方は、参考にしてくださいね!

 

エースホームのandy(アンディ)の特徴

 

参照元:エースホームの公式サイト

 

andyの特徴として、家族のライフスタイルに合わせたインテリアと外観を3タイプの中から選択することが可能です。内装のデザインは「インダストリアル」「オーセンティック」「フレンチカントリー」の3種類から好みのテイストを選ぶことができます。

 

外観は、いつまでも色褪せることないデザインをコンセプトに、次世代まで長く愛される「美的耐久性」のある意匠を取り入れています。

 

ココがポイント

政府が推進しているエコ住宅「ZEH(ゼロエネルギー住宅)」と同レベルの強化外皮仕様で複層ガラス樹脂サッシの組み合わせで、優れた断熱性能を実現しています。年間を通して温度差の少ない、快適で健康的で経済的な住まいになっています。

 

耐震性能も等級3と最高ランクを取得しています。また様々な税制で優遇を受けられる、長期優良住宅の認定も受けていて、andyはエースホームの主力商品でもあります。

 

間取り作成依頼

エースホームのandy(アンディ)の価格、坪単価

 

andyの坪単価は40万円〜50万円です。平屋や二世帯住宅になると45万円〜55万円と少し高くなります。andyはローコスト住宅の中でもかなりコストパフォーマンスに優れた商品になっています。

 

坪単価40万円〜と低価格な商品ですが、耐震性や断熱性にも優れていて「CC断熱仕様」の住宅でもあります。

 

さらに詳しく

CCとはクールチョイスの略で、温暖化対策に資する製品を選ぶなど、賢い選択を促す新しい国民運動のことです。

 

比較的リーズナブルなのにも関わらず、耐震等級も最高ランクで長期優良住宅に認定されているので、初期費用が少し高くなっても長い目で見て、家計にも環境にも優しく安全な家を建てることができます。

 

エースホームのandy(アンディ)の耐久性

 

エースホームでは耐震性能の最高ランクである耐震等級3の躯体と制振デバイスに、オリジナル耐震床や火事に強い省令準耐火構造を組み合わせた、独自の「超抑震」構造を開発しています。

 

ローコス犬
単なる耐震、制振、免震を超えた独自の「超抑震」構法で、トップクラスの安心安全を実現しています。

 

制振システムはスリーエムジャパン株式会社の「3M FRダンパー」を採用し、地震の揺れを最大80%近くも低減しています。減振効果のある壁の仕様は、モノコック仕様のCUBEと高強度仕様のDELTAから選択でき、構造も堅牢なうえに、耐久性も劣化対策等級の最高等級3をクリアした、長期優良住宅です。

 

工法は木造軸組工法で、基礎部分には強度を重視した「オリジナルベタ基礎」を採用しているので、万が一の災害の際も安心できる仕様になっています。

 

エースホームのandy(アンディ)のデザイン

 

屋根のデザインは寄棟、切妻、片流れから選択できるようになっています。好みや理想に合わせて選ぶことが可能で、屋根だけでも雰囲気がとても変わります。基本的な造りはオーソドックスでシンプルですが、エースホームの強みでもあるスタイリッシュでモダンなデザインもプラスされているので多くの方から好評価を得ています。

 

インダストリアルはクールでスタイリッシュな仕上がり、オーセンティックはモダンな仕上がりに、フレンチカントリーは柔らかく優しい仕上がりになります。

 

それぞれのテイストに合わせたインテリアアイテムが用意され、上質な空間をトータルで演出してくれるようなデザインです。いつまでも色褪せることないデザインというのをコンセプトにしているので、次世代まで長く愛され・大切にされるような美的耐久性にも優れたマイホームを建てることができます。

 

エースホームのandy(アンディ)の間取り

 

andyは2階建て住宅の他にも、平屋や二世帯住宅にも対応した家を建てることができます。基本的には自由設計の家なのでライフスタイルや希望に合わせて最適なプランを提案してくださいます。

 

ココに注意

しかしながら完全自由設計ではないので、部屋の配置や数などに強いこだわりがある場合は実現が難しくなってきます。

 

平屋に関しては、平屋ならではの一体感を感じることができ、お子様がいる家庭でもいつも視界にお子様が入り、安心感が持てる家になります。1階ですべて完結するので、お年寄りにも安心して暮らしていただける間取りになります。

 

一方で二世帯住宅にしても、世代を超えて家族が仲良く安心して暮らしていくことができる夢のマイホームを実現するような間取りを提案していただけます。2階リビング続きの広々インナーバルコニーを、陽や風を感じるゆとりあるアウトドアリビングとして1つの部屋のように考え、のんびりとした寛ぎのひと時を感じることも可能です。

 

ローコストに見えないローコスト住宅を建てる方法

 

二世帯つくし君
ローコスト住宅って費用がかからない分、ちゃっちー家になりそうだよね...
ローコスト住宅でも満足いく家を建てている人は結構多いよ!そのために今から紹介するサービスで業者をしっかり比較しようね!
ローコス犬

 

  • 安くていい家を建てたい!!
  • 費用は抑えたいけどある程度間取りを凝りたい!!
  • 設備もある程度豪華にしたい!!
  • 耐震性に優れた家が欲しい!!

 

お金を払えば全て要望通りの住宅を手に入れることができますが、予算の関係でそれが難しい方も多いと思います。今回ご紹介するのは、ローコストだけどいい住宅を手に入れる方法です!

 

ローコス犬
ズバリ!タウンライフ家づくりを利用しよう!

タウンライフ家づくりにお任せ

ローコスト住宅だけど素敵な家を手に入れる方法で詳しく解説していますが、タウンライフ家づくりを利用すると...

 

無料でもらえる

  • ローコスト住宅の見積もり書
  • 間取りプラン
  • 土地情報

 

これらの、プランが無料でもらえます。注文住宅に特化した資料請求サイトは他にも存在しますが、カタログやパンフレットだけしか送られてきません。タウンライフは、見積もり、間取りプラン、土地情報とかなり充実した内容になっています。

 

↓↓タウンライフ家づくりにアクセスして、あなたの要望や条件を入力して送信するだけでOKです。オンライン上で簡単に見積もり、間取り、土地情報の請求依頼ができます。

≫タウンライフ家づくり

 

注意ポイント

条件、要望はできる限り詳細に入力しましょう!面倒ですが正確に入力すれば精度の高い見積もり、間取りプランが手に入ります。あ、電話が苦手な方は、その旨を備考に書くといいですよ!僕は電話NGでお願いしたので電話営業はありませんでした。

 

 

ローコスト住宅だけど素敵な家を手に入れる方法

-エースホーム, ハウスメーカー

Copyright© ローコスト住宅ハウスメーカーの坪単価 , 2019 All Rights Reserved.