Eggs of Designer

新宿在住の現役WebデザイナーがWeb・デザイン・SEO・アフィリエイト・ダイエット・生活・人生などについて気ままに語ります。

古いドメインの方がSEO有利なの?古いドメインは中古ドメイン販売サイトで買えるみたい

Webサービス情報

フリーランスで仕事が欲しいならここ

      2015/07/21

PAK85_notepc20150319202127500-thumb-1500x1000-12216

サイトやブログ運営を行う際に必要となるのがサーバー(ロリポップヘテムルエックスサーバー
など)とドメイン(ムームードメインお名前.comなど)の契約です。

サーバーを選ぶポイントとしては料金や機能、スペックなどが上げられます。例えばWordPressでブログを構築したい場合は参考記事で紹介しているようなポイントを抑えれば間違いないです。ネットの情報や口コミをもとにサーバー会社を比較し決定します。

ドメインについてはどうでしょう。ドメイン契約会社で迷うというよりもドメイン名を決める段階で迷う場合が多いと思います。例えばお金に関するサイトであれば「money」という単語を含めたいなどの希望がでます。できれば覚えやすく、サイトに関連性のあるドメイン名がいいですよね。最近では日本語ドメインもよく見かけます。

また、ドメインについては古いものの方がSEO的に有利と言われています。本当かどうかは不明ですが。しかし、サイトを新規でオープンする場合、殆どの方は新規のドメインを取得します。その為、サイトオープン時はSEOに不利な状況で戦わなければいけないという事になります。

では、最初から古いドメインを手に入れるにはどうすればいいのでしょうか?そして中古ドメインは本当にSEOに有利なのか?を調査してみました。

古いドメインはSEO有利か?

古いドメイン(オールドドメイン)はSEO的にみて有利かを調査しました。

エイジングフィルターを回避

Googleにはエイジングフィルターというものがあると言われています。エイジングフィルターとは「新規ドメインや無料ブログは一定期間検索上位に表示させないよ」というGoogleの施策です。新規で作られたサイトが法律や規約に抵触するサイトだったら困りますからね。世界中のユーザーに公開しても問題がないサイトかを見極める期間だと思ってください。

ここ最近では新規ドメインでもしっかり検索上位に表示されるようになったようですが、古いドメインの方がSEOが有利に働く事が多いようです。

ドメインエイジの価値

ドメインが初めて取得されてから経過した年数を「ドメインエイジ」といいます。このドメインエイジが長いということは、そのサイトの信頼性が高いとGoogleから評価されます。このご時世、違法なサイトを10年も20年も運営はできないですからね。サイトの運営期間が長く、健全に運営していると、そのサイトコンテンツだけでなく、ドメイン自体にもSEOの価値が出てきます。

被リンク付き

優良なサイトを長期間運営していれば他のウェブページから自然に被リンクが張られます。またSNSで拡散される様なコンテンツや記事が多ければそれだけ被リンクが増えます。ドメインへの被リンクは、そのままサイトへの評価につながるのです。

古いドメインの中には、こうした被リンクが貼られたままになっているものが存在します。つまり、こうした古いドメインを使ってサイトを開設すると、はじめからGoogleの評価が高い状態でスタートできるのです。

以上のことを考えると古いドメイン(オールドドメイン)はSEOに有利という事がわかります。

中古ドメイン販売サイト

古いドメインを手に入れる方法は中古ドメイン販売サイトを利用する事が一番確実です。中古ドメイン販売サイトをいくつか紹介しますね。

中古ドメイン販売屋さん

中古ドメイン販売屋さん

中古ドメイン販売で検索結果1位(2015/7/5現在)に表示されるサイトです。ある程度信頼できそうです。

中古ドメイン販売の DOMAIN AUTHORITY

中古ドメイン販売.com

期限切れとなった取得から期間が経っているものや、価値のあるサイトだったドメイン等を弊社で仕入れ、格安でお客様に販売するサイトです。

中古ドメインのデメリット

メリットばかりお話しましたがデメリットもあります。中古ドメインを購入しようとお考えの方はデメリットも把握しておいてください。

価格が高い

新規でドメイン(ムームードメインお名前.comなど)を取得する場合は100円〜利用可能です。しかし、中古ドメインの場合は新規ドメイン取得に比べると相当高いです。

例えば、ムームードメインを利用して「sugar-mond.xyz」を契約する場合なんと99円です。安っ!「sugar-mond.com」の場合でも1,160円で契約可能です。

中古ドメインの価格設定はそのドメインの価値ページランクによって異なってきます。価値があるドメインやページランクの評価が高いドメインの場合5,000円以上は必要です。高いドメインだと10万円以上のものもあります。


ペナリティ引継ぎ

中古ドメインの前の利用者が違法なサイトを運営していたり、不自然なリンクによって何かしらのペナリティを受けていたとします。その場合、その中古ドメインを購入してしまったあなたのサイトにも影響が出てしまう可能性があります。

高いお金を支払ったにも関わらず、上位表示されない、ペナリティの対象となるとがっかりですよね。

中古ドメインのSEOはずる?

Googleにとって、中古ドメインを使ったSEO対策はずると判断される可能性があるというのです。多くのサイト運営者が中古ドメインを活用するようになってからは、徐々に規制されるようになりました。「ユーザーが求める質の高い情報を検索結果に反映させる」。つまり最強の検索エンジンを目標にしている、Googleのアルゴリズムは日々進化しています。

新規ドメインが無難

中古ドメインはSEO的にメリットがあると説明しましたが、デメリット部分が見過ごせません。中古ドメインの利用はある意味博打かもしれませんね。新規ドメインを取得して長い月日をかけて健全にサイトを運営していく事はもちろん、ドメインの価値も同時に成長させていく方が確実ですね。



終わりに

中古ドメインがSEOに強いというのは本当だったようです。ただ、デメリットもあるので購入時には考えなきゃいけませんよね。

  関連記事

主婦の方に朗報|家事代行サービスが熱い!

もう既にGWに突入している方も多いのではないでしょうか?僕は暦通りのお休みです。 …

生年月日占いが当たりすぎてビビった話

僕は占いや迷信を信じない人間です。結構昔に有名占い師に占ってもらった「あなたは3 …

【保存版】無料ブログ比較!おすすめ・人気のブログサービスはどれだ!?

世の中にはさまざまな無料ブログサービスがありますが選ぶのも一苦労です。HTMLや …

【比較】映画観るなら宅配DVDレンタルサービスが便利だよ

Photo by:GATAG 皆さんは映画好きですか?僕は大好きです。恐らく月に …

【保存版】フリーWEBメール比較!おすすめの無料WEBメールはどれだ!?

以前にメーラーの比較という事で記事を書きましたが、本日はWEBメールについて紹介 …

【SEO】あなたのサイトは大丈夫?スマホ対応がGoogle検索順位に影響

2015年2月27日にGoogleはスマホ対応しているかどうかをモバイル検索のラ …

突然の年会費請求!不意にAmazonプライム会員になってしまった人の3つの対処法

結婚式の余興でカツラを使った芸をする事になってamazonでカツラを探していたの …

もしかして業者!?facebookアカウントが業者のものか見抜く5つの方法

「突然、見知らぬ綺麗な女性からメッセージが届いた。」 facebookを利用して …

【保存版】SSL比較!おすすめのSSL(セキュリティ)の解説と必要性

ネットで利用できるサービスは年々多様になっています。SNSやECサイト、グルメサ …

【保存版】LINEで嫌われるNG行動10選

LINEはメールや電話に代わるコミュニケーションツールとして世界中の人々に利用さ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA