Eggs of Designer

新宿在住の現役WebデザイナーがWeb・デザイン・SEO・アフィリエイト・ダイエット・生活・人生などについて気ままに語ります。

激安・格安ホームページ制作の落とし穴|メリットとデメリット

web制作関連

フリーランスで仕事が欲しいならここ

      2015/07/21

LISA78_MBAsawaru20141018102912500-thumb-1089x800-5892

制作費●●円でホームページが手に入る」というキャッチコピーで集客をしている制作会社を見かけますが●●に入る価格は業者によって様々です。僕が見た中でも29,000円19,000円という価格設定が最安でした。人件費で上がりが出ない気もしますよね。これで商売が成り立つのだから不思議です。

今回はホームページ制作費の相場や激安・格安の秘密を調査してみました。これからホームページを制作する方は参考にしてみてください。

ホームページ制作費の相場って?

実績のある会社さんに依頼すると高クオリティなものを作ってくれますが費用が高くなります。逆にフリーランス、格安制作会社などに頼めばもっと安く作る事が出来ますが、信用できるかどうかの判断が必要です。

色々な業者を調べてみるとホームページの価格の相場は、だいたい30〜40万円のようですね。スマホ対応やレスポンシブデザイン、WordPressなどでサイトを構築したい場合はもう少し高くなる感じです。

ちなみに僕に頼めば5万円〜対応可能ですよ!(笑)

問い合せはこちら

値段に惑わされてはダメ?

ホームページを業者に頼むとなるとできる限り予算は抑えたいですよね。特に個人事業主で予算がない方はホームページに大金を払う事に抵抗があると思います。

最近ではクラウドワークスなどを利用して安価でホームページを制作する方も多い様ですが、Webに詳しくない方は登録や依頼が面倒で不安な方が多い様です。

そうなると「激安 ホームページ」「格安 ホームページ」などのキーワードで検索し業者を選定するわけです。このキーワードで実際に検索をかけてみるとかなり多くの業者が出てきました。中には制作費29,000円という安価な金額で制作している業者もありました。ホームページを格安で制作したいというユーザーの要望にはマッチしていますが、実際のところどうなのか気になりますよね。

家を建てる事と一緒

house_boroboro

家を建てるときの事を想像してみましょう。オーダーメイドでもできる限り金額を抑えて家を建てたいと感じるのは当たり前です。しかし、金額を下げるには材料人件費の節約が必要です。地震が来て崩壊してしまう、すきま風が酷い・・・そんな家は嫌ですよね?ホームページも同じ事を言えます。HTMLコーディングがめちゃめちゃだったり、検索に全く引っかからなかったりしたら嫌ですよね?値段が安い=何か裏があると考えてください。

初期費用は安いけど保守料金で取る

computer_doctor

ホームページ制作費29,000円という記載だけで業者を決めてはいけません。その他の費用が発生するか問い合せすべきです。よくあるのが・・・

制作費+保守費用月額10,000円(1年契約)

という料金体系です。保守費用はサーバー代やサイト修正費などが含まれます。つまり29,000円+120,000円=149,000円の料金が発生するという事です。

テンプレートの使い回し

alphabet_character_a

ホームページのデザイン要望は一切聞かず、何種類かあるテンプレートから選ぶといった形を取っている業者が多いです。つまり他社とホームページが被るため差別化できません。見た目が似ているだけではなく、HTMLなどの構造も一緒の為、SEOも不利とされています。

激安・格安業者のメリットとデメリット

メリット

  • 初期費用を抑える事ができる
  • 納期が早い
  • テンプレートで制作した場合、修正対応が早い
  • 初めてのホームページを持つ方はお試し感覚で丁度いい

デメリット

  • 保守契約を結ぶ可能性が高い
  • テンプレートの使い回し
  • クオリティが低い
  • SEOが不利になる可能性がある
  • サポートが悪い(人件費を抑える関係)

せっかくなので投資しよう

値段を抑える事は重要な事ですが初期投資だと思って納得のいくホームページを制作しましょう。ホームページを持つ理由はブランディングの向上や集客、売り上げUPなど様々だと思います。どんな理由にしてもホームページが良いにこした事はありません。ホームページの可能性を最大限に引き伸ばすために必要なことは、なにより投資なのだと思います。

ちなみに僕に頼めば5万円〜対応可能ですよ!(笑)

問い合せはこちら

終わりに

金額を取るかクオリティを取るか・・中々難しい判断ですが自身が納得のいくホームページを制作しないと後々後悔すると思いますよ。しっかり悩んで決めましょう!

  関連記事

当サイト経由でホームページ、フライヤー制作の受注が入った。

「メディアサイトを立ち上げて良かったこと、悪かったこと」でも触れましたがサイト運 …

デザイナーは参考にしよう!オシャレな年賀状まとめ【企業編】

さて、今年も残すところ1ヶ月を切りました。皆さんの2014年はどんな年でしたか? …

話題のLINEクリエイターズスタンプを作ってみた【その4】

LINEスタンプの記事は以前にも紹介(参考)しておりますが今回も僕が作成したLI …

WordPressの無料テンプレート「STINGER」。こんなに自由にカスタマイズ可能!

目次1 はじめに1.1 こんな意見も2 STINGERとは?2.1 STINGE …

効果の高いLP(ランディングページ)を作る為の参考サイト一覧!

クライアントは様々な目的を持ってWebサイト制作を依頼してきます。例えば、商品A …

【保存版】バナー制作の参考サイトまとめ!効果が出る・成約につながるバナー制作を

ホームページやランディングページの中身が充実していても、入り口であるバナーが微妙 …

デザイナーの名刺はオシャレが当たり前!?参考にしたいデザイン名刺

勉強会やITイベント、交流会等で名刺を交換する機会があるのですが、デザイナーやク …

記事を人気順に並べるプラグイン!『WordPress Popular Posts』

WordPressには便利なプラグインが多数存在します。プラグインの導入によって …

デザインに参考になる面白い広告30選!広告はアイディアが重要!

広告はアイディアが重要です。限られた時間、スペースの中でユーザーの心に残るもので …

ホームページ制作を業者に依頼する時の注意するべきポイント

Web制作を、業者に頼む人には注意するべきポイントがあります。業者に頼めばホーム …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA